次世代電動ガン SOPMOD M4の分解方法~後編~ | サバゲー装備、エアガン・レプリカパーツ・海外パーツのWeb専門通販ショップ 香港マニア

エアガン,レプリカパーツ

次世代電動ガン SOPMOD M4の分解方法~前編~
からの続きです。


マガジンキャッチの取り外し
マガジンキャッチを取り外します。六角レンチを使用してネジを
はずします。外したネジの紛失に注意して下さい。


トリガーロックピン
トリガーロックピンを外します。(説明書でいうと「ロックピンセット」
その後ろ側)軽く小突けばすぐに取れます。


メカボックスの取り外し
ここまでパーツを外す事でメカボックスを取り外す事が
できます。よくメカボックスがロアフレームにひっかかり
取り出しにくい場合もありますが、力任せに取り外そうと
せずに、取り出す方向を変える等工夫をして取り出すように
します。
力任せに取り外そうとすると、ロアフレームが破損する
可能性があります。

フレームロックピンの後ろ側はダミーなので。見た目意外は
何の役割も果たしていません。叩いて取ろうとしてもフレームが
破損しますので、触らないで下さい。


次世代M4メカボックス
次世代M4のメカボックスです。今までの電動ガンシリーズと
比較すると、「メインスプリングが外に飛び出ている」「ノズルが
長い」等の特徴があります。


メカボックスの分解
メカボックスの分解にあたって赤枠内のパーツを取りはずす
必要があります。が、ちょっとした手順を踏めばパーツ紛失の

可能性を減らす事ができます。


メカボックスの分解2
写真の様にスプリングを解放してテンションを解除します。
そうする事によって、スプリングのテンションでスプリングが
飛んで紛失するのを防ぐ事ができます。


ネジの取り外し
外のボルトストップ関係のパーツを外し終えたら、次に
赤枠で囲んだ部分のネジを取り外します。

各所でネジの種類、長さが違う為、どこにどのネジが使用されていたか
しっかりと記録しながら取り外して下さい。


メカボックス開!!
メカボックスの内部です。
パーツの摩耗、破損をチェックします。
以下、チェックを推奨する箇所です。
●ギア(特にセクターギア)
●ピストン(特に前部の金属歯)
●スイッチアッセンブル(セミオートを多用する人は端子が痛んでいる可能性があります)
●軸受け
●ノズル(割れたりします)
●シリンダーパイプとピストンヘッドのグリス
(外から吸い込んだ砂や埃等といった汚れがたまる場所です。)
●セレクタープレート(熱により変形している可能性があります。)


余裕があれば、1度全部のパーツをバラバラに分解してパーツを1個ずつ
綺麗にクリーニングを行った後、パーツ摩耗等のチェックを行えば
見落としてしまう可能性が低くなります。

交換推奨パーツは
ピストン軸受けセクターギア等です。

今は各社から様々なカスタム用グリスが発売されており、どれを
使用すれば良いかわからなくなってしまう時がありますが、その場合は
東京マルイ純正の
シリコングリス(2g×2本)
高粘度特殊グリス(2g×2本)

の使用をオススメします。安さ、耐久性、メンテナンス時のクリーニングの
しやすさ等は抜群です。

シムは決められた場所に決められた分だけ使用されているので、適当に配置
してしまうとギアノイズがひどくなったり、パーツの摩耗を早めたりする為
最初のシムセッティングを狂わせないようにします。


パーツの組み込みやメンテナンスが終了したら、今度は
メカボックスを組み立てます。

メカボックスの組立
最後に1度、しっかりとパーツが組み込めているかの確認を行って
メカボックスを閉じ、ネジを締め込みます。先に書いた通りネジを
間違って締め込まないようにします。


メカボックスの組立2
ボルトストップパーツを組み立てます。
まずはパーツをメカボックスに配置します。


スプリングのセット
スプリングをセットして下さい。
※この時はまだメカボックスに引っかけないで下さい。


ネジの取り付け
ネジを取り付けます。
小さく短いプラスネジとなっているので、ネジを潰したりしないように
注意が必要です。


20100127_36.jpg
ネジを締め込んだ後、スプリングをメカボックスに引っかけて
メカボックスの組み立てが完了となります。。



次世代電動ガン SOPMOD M4の組立て方法~前編~
へと続きます。




商品検索

商品カテゴリから選ぶ

メーカーから選ぶ

商品名を入力

 






TOP